ABOUT -教室案内-

大切にしていること

私たちの教室は“ダンサーを育てる″のではなく
“一人の人間を育てる″というスタンスでダンスを教えています。

きちんと挨拶をする、教えてもらう時の姿勢、
上下関係、仲間への思いやり……大切にしています。

教室ではイベントや発表会以外に、
合宿やお楽しみ会など、5カ所の教室合同の行事があります。
ダンスを通じていろいろな事を経験し、学び、素敵な
大人になってもらいたいと思います。

バランス能力や体幹の強化、足のコントロール……体が大きくなって
からではなかなか習得出来ないものを、成長過程のそのタイミングで
習得出来るようにトレーニングを進めていきます。
もちろん、大きくなってから教室に入ったお友達も、怪我しない範囲で
習得できるように頑張ります。

レッスンの内容

近年子供たちの運動能力の低下が問題となってきています。
当教室では体育指導者としての教育を受けた講師が
プログラムを考案し指導をします。ダンスを通して体を動かす楽しみ、
目標に向かうための努力とそれによる達成感を
感じてもらうことを目標とします。レッスンの始めに
雑巾がけや逆立ち、側転など怪我に負けない体づくりをします。

また舞台・コンテスト等に参加することで、仲間との協調性、
責任感などを学び、人間としての成長をはかります。

生徒が好きな講師のクラスを受ける、という通常の
スクールスタイルではなく、数人の講師で教室全体を見ていきます。
生徒の技術の偏りを防ぐため、2〜3人で各曜日を担当しています。

クラス分け

●年少さん〜小学校低学年以下クラス
ダンスを踊るための基礎運動能力を養うために、
体操を取り入れたトレーニングをしていきます。
舞台の前は作品練習が入ります。


●小学校中学年〜高学年クラス
一生に一時期しかないゴールデン・エイジを大切にし、
ストレッチ・リズムトレーニングを中心に
怪我に負けない
体づくり・レッスンをしていきます。
舞台の前は作品練習になります。


●中学生以上クラス
怪我防止のための準備運動・ストレッチをしっかりと行います。
基礎練習の後、
音楽に合わせた振り付けのレッスンをします。